NEWS

ANTI-VIRUS FABRIC

ANTI-VIRUS FABRIC
(抗ウイルスファブリック)
略:AVF

W@nderFabricではご注文頂いた商品をお客さまへ発送する際、
CAPを包む袋を、抗ウイルスファブリックを使用致します。

日本の最先端技術で開発された銅イオン結合素材です。
繊維にウイルスや細菌、カビ等が付着するとそれらするとそれらの数を減少させる効果があります。

機能
●抗ウイルス効果(インフルエンザウイルスA型H1N1の数を減少させる効果があります)
● 優れた抗菌効果(O-157、MRSA、大腸菌、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、緑濃菌)
● 消臭効果(4大悪臭:アンモニア、トリメチルアミン、メチルメルカプタン、硫化水素)
●抗カビ効果(青カビ、黒コウジカビ、その他3種の常在カビ)
24時間以内に不活化効果が期待できます。
*抗菌・抗ウイルス加工は病気の治療を目的とするものではありません。
*抗ウイルス加工は全てのウイルスの働きを抑制するものではありません。

先日、ニュースで「クルーズ船内のコロナウイルスを検査したところ、トイレの床、リモコン、枕に多く付着していた」
空気中のウイルスが頭(髪)に付着し枕に移ったといういう事を聞きました。
ヘッドウェアブランドとして、皆様のCAP使用の安心・安全を思い、抗ウイルスファブリックの使用を決断しました。

AVFの使用方法は様々な使い方があります。
①CAP使用での外出帰宅後、玄関先などですぐにAVFに入れておく事で抗ウイルス対策が出来ます。
②職場などの道具などを入れておくことで抗ウイルス対策ができます。(例えば美容師さんのハサミなど)
③お店を運営されている方は、レジカウンター上に敷くなど、ウイルスが集まりやすいところの抗ウイルス対策ができます。
④玄関先や職場のロッカーでAVFに靴をのせて置く事で靴裏に付着したウイルスや細菌の対策ができます。
⑤ハサミでカット出来ますので、スマホやリモコンなどを包むような形にして頂ければ抗ウイルス対策ができます。
⑥会社などではドアノブ等に巻きつけて置く事で抗ウイルス対策ができます。
⑦マスク内のフィルターとしても抗ウイルス対策ができます。
その他、お客様にあった使用方法でご利用して下さい。
AVFの銅イオンは食品衛生法でも認可されており、粉ミルクなどでも使用している程の安全性の高い銅を使用しています。

メンテナンス方法。
水洗いが可能です。水でやさしく手洗いして下さい。
洗剤を使用する際は中性洗剤を使用して下さい。
不織布ですので水洗いにより布自体の劣化を早める可能性があります。

効果的にはAVFが青い状態でしたら効果は持続しているというサインです。
塩素漂白等を使用すると布が白くなります。
布自体の汚れや劣化もしくは布が白くなりましたら効果は無くなります。
*納品時より白いまだらがみられる場合がありますが製品には問題ございません。

300個分のAVFを用意しました。
無くなり次第終了致します。

日本伝統の着物で製作したKIMONO CAPを
日本最先端技術で開発されたANTI-VIRUS FABRICで包み、お届けいたします。

皆様の心と体の健康をお祈り申し上げます。

W@nderFabric
TOSHIYUKI IMAI